選挙はお祭り

2021年10月9日(土)

自民党の街宣のあと買い物をしてから、隣街の維新の街頭演説へ。

f:id:kaiyagura:20211010144534j:plain



こちらは熱気と盛り上がりがすごかったですね。
人が混みあって、めっちゃ「蜜」。

f:id:kaiyagura:20211010143310j:plain


やっぱり吉村洋文知事はすごい人気。

この日は奈良から始まり、天王寺天六、曽根、南千里、そして茨木と、6か所まわったそうですが、ずっと追っかけをしていた女性ファンもいたみたい。
中年女性の青春?


f:id:kaiyagura:20211010144913j:plain

疲れを感じさせないエネルギッシュな演説。

語りたいことがある、訴えかけたいことがある、改革したいことがある、やり遂げたいことがある。
その熱意と情熱が伝わってくる。




f:id:kaiyagura:20211010151715j:plain

聴衆もぐんぐん吸い寄せられ、随所に拍手や掛け声、歓声が沸き上がる。

自慢話が延々と続く河野太郎の演説とは対照的だ。




f:id:kaiyagura:20211010151901j:plain

吉村さんは力強いリーダーシップのある政治家さん。
役所の仕事にTikTokやLINEを使うなど経済安全保障やセキュリティについての認識の甘さや、移民流入への警戒感のなさ(移民推進派?)など、問題点はあるけれど、政治家としての資質的には大いに期待している。


吉村さんも維新も、橋下徹ともっと距離を置くべきではないだろうか。

維新の中には見込みのある政治家さんもいるのに、橋下徹という「縛り」があるが故に、彼らが力を発揮できないことが多いように思う。


とりわけ丸山穂高さんの除名処分は残念だったし、今回の総選挙にも穂高さんは出馬されないとのこと。もったいない。
国家観と危機意識、そして政策・議員立法の優れた作成能力を持つ、数少ない有能な議員さんだったのに。
悪名高いアイヌ新法の成立に最後まで反対したことだけでも、丸山穂高さんは評価に値する。

少し休んで酒癖を治したら、また政界に戻ってきてください。
この国は丸山穂高の復帰を求めています。




f:id:kaiyagura:20211010144415j:plain

私の高校の先輩でもある足立康史さん。

『永田町アホばか列伝』や『国会という茶番劇』など、御著書を拝読するかぎり、かなり有望なんだけどなあ。

個人的にはベーシックインカム反対派なので、この方の政策については微妙な感じがする。

維新の上からの圧力などもあるのかもしれないけれど。



f:id:kaiyagura:20211010143516j:plain

ちなみに私の家族は、あだちゃん(やっさん?)ファンなので、「橋下から押さえつけがあるから仕方がないんだ」と足立康史さんをかばうのだけれど、本当のところはどうなのだろう?

いずれにしろ、国会では良い質疑をされるので、今後のますますのご活躍を楽しみにしている。
前回、前々回は僅差で自民議員に負けているけど、今回は勝ちはるんやないかな。



f:id:kaiyagura:20211010144622j:plain